Bibliotheca Sayurist

井上小百合さんの応援サイトです
menu

舞台「墓場、女子高生」

2016年10月14日~10月22日
東京・東京ドームシティ シアターGロッソ

【乃木坂46による舞台公演】
脚本家・演出家の福原充則の傑作「墓場、女子高生」を、古田新太や中村勘九郎をはじめ業界内からも熱い支持を受ける劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が演出!
出演者には劇団ナイロン100℃の看板役者の一人みのすけ、「毛皮族」をはじめ幅広いジャンルの舞台に出演の柿丸美智恵、TV・映画と活躍の劇団ロリータ男爵の加瀬澤拓未、そして独創性豊かな世界を作り出すもう中学生をむかえる。

キャスト(< >内は役名)

伊藤純奈<武田>
伊藤万理華<日野陽子>
井上小百合<ニッシー>
斉藤優里<ナカジ>
新内眞衣<ビンゼ>
鈴木絢音<ジモ>
能條愛未<メンコ>
樋口日奈<チョロ>

みのすけ(ナイロン100℃)<高田>
加瀬澤拓未<真壁>
柿丸美智恵<納見>
もう中学生<山彦>

スタッフ

脚本:福原充則
演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
振付:TAKAHIRO
制作:ネルケプランニング
主催:乃木坂46LLC

映像作品

『舞台「墓場、女子高生」』は、映像ソフト化されていません。

※他の乃木坂46の舞台公演は「TBSチャンネル2」で放送されるケースもありますが、この「墓場、女子高生」は残念ながら映像化されていません。

こぼれ話

このストーリーの要となるのは、伊藤万理華が演じる日野陽子です。死後に幽霊となった日野、生前の回想シーンで登場する日野、そして生き返った日野。時系列が前後しながら全く世界観の異なる「日野陽子」を見せなければならないのですから。
そしてもう一人、時系列が前後しながら異なる役を演じた人がいます。そう、ニッシーを演じた井上小百合です。合唱部だったニッシー(西川)が、オカルト部に籍を置くようになったその背景、とても大きな心情の変化があったんでしょうね。

舞台「墓場、女子高生」
BACK← →NEXT
▲top
Copyright © 2019-2020 Bibliotheca Sayurist